医師の転職先としてクリニックを希望する医師が年々増えています。
大病院や総合病院に勤務する以上の魅力が、クリニックにはあるようですね。

ではなぜクリニック勤務を希望する医師が増えているのでしょうか?
その理由を考えてみたいと思います。

夜勤が無い(または少ない)


クリニックの場合、入院施設が少ない、また無床の施設が多く夜勤の必要性がないケースが多々あります。
医師には宿直や夜の勤務が付きものですが、これは勤務先に入院施設があるから。

クリニックのように無床の施設であれば夜勤の必要がなく、その分体を休める事が出来ます。
夜勤のない環境はとくに子育てと家庭、仕事などをこなす女医などにとっては働きやすい環境と言えます
親御さんの介護をしている医師にとっても有難いもの。

年齢を重ねて体力のなくなってきた高齢の医師が、夜勤のないクリニック勤務を希望するケースも実際にあります
夜勤のない職場を探している医師にとってクリニックは狙い目なのです。

重篤な患者を扱う精神的負担が少ない


クリニックは地域住民のかかりつけ医の役割を負っていますが、人工呼吸器を使用しなければならない程重篤な患者を治療するだけの設備は基本的にありません。
症状の重い患者は、医療設備の整った大病院へ転院してもらうため、クリニックで診察する患者は症状が軽い、または安定している患者ばかりです。

命の危機に瀕した重症患者の治療をしなくても良い、その精神的負担の軽さはクリニック勤務医にとって大きなメリットとなっています。
ただし、その分クリニック医師は患者の病気を正しく診断し、重症患者をすぐに大きな病院へ紹介しなければならない責任を負っています

オンオフのメリハリがつく


夜の勤務が無く(夜勤が少なく)、クリニックの休診日にはお休み出来る環境は、医師にとってとても魅力的です。
オンコール体制がなければ自宅でゆっくり体を休める事が出来ますし、当番医でなければお休みは丸一日オフ。

趣味やイベント、旅行など自分や家族のために時間が使えるのは大きな魅力
ただオンコール体制の場合は急患が出た場合にすぐにクリニックで診察や検査をしなければなりません。
この辺りは面接でしっかり確認しておく方が良いです。

クリニック勤務に転職し、拘束時間が短くなったと言う医師は少なくありません。
転職時に勤務時間をしっかり確認し、土日祝日の出勤に関してもきんと契約出来ていれば無意味に拘束時間が伸びる心配はないのです。

勤務時間や休日の交渉が出来ない、苦手な医師は医師転職支援サイトのコンサルタントに相談するのが一番です。