クリニック勤務には様々なメリット・デメリットがありますが、勤務する医師がクリニック勤務に適性があるかどうかが転職成功の鍵を握っています。
医師の転職で人気のあるクリニック勤務ですが、一体どのような医師に適性があるのでしょうか?

このページでは、クリニック勤務に向いている医師についてまとめています。

地域密着型の医療に携わりたい方


クリニックは地域密着型の小規模医療施設が多くなっています。
地域住民の健康維持や病気治療がメインとなっているため、地域住民との交流が苦手で地元に貢献する気持ちが少ない医師にとってクリニックは向いていません。
逆に地域医療に尽力したい、地域住民と交流したいと考えている医師にとってはクリニックは向いた職場になります

地域密着型医療施設の医師になると、患者さんと街で出会う事も少なくありません。
そんな時も「○○さん、久しぶりですね。どうですか、調子は?」と気さくに挨拶出来るようでないと、地域住民との交流を図る事が出来ません。
患者の姿を見つけるとコソコソ逃げてしまうようでは、医師としての信頼を勝ち取る事は出来ないでしょう。

同じ科の臨床経験がある


内科のクリニックに勤務するのであれば、出来るだけ他の医療機関で内科の臨床経験が豊富である事が望ましいです。
中にはクリニック勤務を機に転科される先生もいますが、それなりの事情があっての事です。
同じ診療科目の臨床経験が豊富にあればある程採用にも有利になりますし、専門医の称号をもっている、有名病院で働いていたなどの経歴があるのも有利です

より良い条件のクリニックに転職したいのであれば、先生の強みや経歴などを精一杯アピールする事。
「何も言わなくても分かってくれるだろう」と思っていては、いつまで経っても転職できません。

ヒューマンスキルがある


クリニック勤務の医師に不可欠なのがヒューマンスキル
早い話しがコミュニケーション能力です
クリニックには若い方はもちろん高齢の患者も多く来院します。
高齢者ともスムーズに意思疎通ができ、感情的な患者に対して冷静に対応するなど、患者との付き合い方が大切なのがクリニックです

最近はモンスター患者と呼ばれる我が儘な患者も増えました。
感情的な患者に感情で返すとトラブルがさらに大きくなります。
冷静に落ち着いて対処出来る医師が求められています。

コミュニケーション能力の他にも、思いやりや優しい気持ちのある穏やかな医師がクリニック勤務に向いています
クリニックの場合、医師の人柄に惹かれて患者がやって来る「人気商売」の面があるからです。