クリニックと病院の違いとは何なのでしょうか?
まずイメージ出来るのは病院の大きさそのものの違いです。
病院は内科や外科、小児科、眼科、皮膚科など様々な診療科目が集まっており勤務する医師も1人、2人ではありません。

クリニックの場合は単科である事も珍しくありませんし、勤務する医師も1名だけというケースも少なくありません。
スタッフ数も少なく、少数精鋭で運営されているのがクリニックの大きな特徴です
このページではクリニックと病院の違いについてまとめています。

医療法によるクリニックの定義について


病院とクリニックの違いについては、医療法と呼ばれる法律によって厳密に定義されています。
クリニックも病院も同じ医療行為を行う場所である事に変わりありませんが、クリニックは病床数19床以下の病院を指し、病院は20床以上の病床を持つ施設であると定義されているのです。

医療法から、クリニックは病床数19床以下(無床も含む)の医療機関であると定義出来ます。
入院施設が無い、または施設規模も小さい事からクリニックの規模そのものもそれほど大きくありません。
施設規模が小さい事から最新の医療設備を十分備える事が出来ませんが、それでも十分運営できるのは治療の内容にあります。
クリニックは重症患者の治療をするのではなく、地域のかかりつけ医として患者の症状や容体をチェックして正しい診断をつける事に重きが置かれています

クリニックは地元住民のかかりつけ医


クリニックにはレントゲンやCT、MRIなどの医療機器を備えた施設もありますが、中には検査機器が充実していないクリニックもあります。
クリニックは地域住民のかかりつけ医としての役割を負っていますので、ガンなどの重病患者の治療は、主に最新医療機器を備えた総合病院が担っています。

クリニックが負う「かかりつけ医」の役割とは、一人の患者を一人の医師が包括的に診察、治療する事です
患者が糖尿病や高血圧症など複数の疾患を患っていても、一人の医師が診察し治療を行います。
内科でカバー出来る疾患については近所のクリニックに通い診察を受ける方が、遠い総合病院まで通うよりも便利で良いケースも多々あります。

患者の容体が悪化し、クリニックで対応出来なくなった時は紹介状を書いてもらい大きな病院にお世話になる方法が一般的です。
風邪や軽い腹痛など軽微な病気はクリニックで、重い疾患は総合病院で診察・治療するという役割分担が出来ているので、患者の側にもメリットがあるのです

とても多いクリニックの種類


全国に存在するクリニックの数は、コンビニ並みに多いとも言われています。
クリニックは施設規模が小さいため、内科・外科・眼科・皮膚科・小児科・産婦人科・精神科・人工透析科など様々な種類のクリニックが多数あります。

医師の転職先としてクリニックが増えていますが、クリニック数が多い事も関係しています。
今は超高齢社会のため地域住民からのニーズも多く、クリニック勤務は可能性のある分野と言えます