高収入でオンとオフのメリハリが効きさらに夜勤が無い(夜勤が少ない)クリニック勤務は、メリットが多い勤務先のように感じられます。
ところが物事はメリットだけではありません。

クリニック勤務にも当然デメリットが存在します。
クリニックのどこに不利な点があるのでしょうか?

医療技術のスキルの向上が難しい


クリニックは医療機器の数や規模に限りがあり、最新の医療機器に触れる機会がとても少ないです。
最新の医療機器を駆使して最先端の治療や検査を行いたい医師にとって、クリニックは不向きと言えます

クリニックでは重病の患者を診察、治療する事も殆どないため、毎日同じような診察を繰り返す傾向にあります。
それが「安定していて良い」と思える医師にとってクリニックは働きやすい職場となりますが、逆に「刺激が少ない」「もっと高度な医療技術を修得したい」と考える医師にとっては物足りない環境になる可能性大。

どんどん知識を吸収し、最先端の医療サービスを提供したい医師は大病院や基幹病院に転職して積極的に腕を磨く方が良いです
クリニックは大病院で磨いた腕を活かすための場だと考えた方が無難かもしれません。

医師の転職ではクリニック勤務を希望される方が増えていますが、ある程度の実績や経験を積んだ医師の方がスムーズに仕事が出来ます。

職員数が小規模で雑用が多い


クリニックは医療施設としては規模が小さく職員数が少ないのが特徴です。
そのため一人のスタッフにかかる仕事が多く、多くの業務を行わなければなりません
看護師がトイレ掃除や電話受付などを行うクリニックもあります。

スタッフの数が少ない時は、医師が穴を埋める必要があります。
看護師が欠勤すると、注射や点滴、カルテ管理など看護師が行う業務が全て医師に回ってきます。
場合によっては電話応対まで対応しなければならない事も。

「この私に雑用をさせるのか!」と怒り心頭になってしまう医師ではクリニック勤務は出来ません。

「多少の雑用が回って来ても仕方がない…」
そう思い割り切れる医師でないとクリニックでは働けないでしょう。

院長の方針により運営方針が変わる


クリニック勤務医はあくまでも勤務医。
院長の方針には逆らえません。
クリニックの売上げが少ないと勤務医の責任にされる事もありますし、診察の方法や診療時間などが変わったり往診に出るようになったりと印象の方針に振り回される可能性はあります。

勤務先がクリニックというだけで勤務医である事は事実ですので、院長の方針に従えない、院長と考え方が合わない場合は最初からそのクリニックに転職しないのが無難
「そうは言っても院長の運営方針など分からない」と言う方は、医師専門の転職支援サイトへ。

各クリニックの特徴や運営方針、医師の離職率などのデータがありますので、ブラッククリニックを避けて転職出来るメリットがあります。