医師の主な勤務先に病院がありますが、この病院も「規模の大きな総合病院」「地域密着型のクリニック」の大きく2つの種類に分けられます。
勤務医が仕事をする場所として、ずっと総合病院が選ばれてきましたが、最近はベッド数19床以下の小規模病院であるクリニックが人気を集めています。

医師の転職情報でも、クリニック勤務医の募集・求人案件がかなり増えてきました。
地域密着型で地域住民の健康を守るクリニックが、なぜ今多くの医師から注目されているのでしょうか?
このページではクリニックの仕事内容やそのメリットなどについてまとめています。

クリニック勤務医の仕事内容


クリニックはベッド数19床以下の病院を指します。
19床以下の病床であればクリニックとなりますので、病床が一つもない、つまり入院施設の無い病院もかなり多いです。
ベッドがないクリニックは医師が外来患者の診察だけに専念できるという特徴もあります

中には往診をしているクリニックもありますが、どちらにしても地域住民の健康を守る、病気を治療する側面が強くなります
患者のニーズに合わせて柔軟に対応出来る医師、業務内容を素早く改善出来る医師であれば、地域住民からの信頼も厚くなるでしょう。

クリニック勤務医の主な仕事である外来患者の診察・検査・治療の他にも

  • 紹介状作成
  • セミナー・勉強会への参加
  • 院内研修

などの業務があります。
ですが、基本的に総合病院で行っている業務と大きくかけ離れたものはありません。
地元の方が多いので、顔見知りの患者が増えるのはクリニックの特徴でしょう。

クリニック勤務医のメリット


クリニックは外来患者の対応がメイン。
病棟管理の仕事がないクリニックもあるため、その分業務が少なくなります。
業務にかかる時間が減る事で仕事とプライベートの両立が可能になるのは大きなメリット

子育てや親御さんの介護をしながら仕事をする医師は、外来患者の対応がメインのクリニック勤務の方が総合病院より向いていると言えます。
また職場のスタッフ数も総合病院に比べて格段に少なくなるため、人間関係が楽なのも大きなメリットです

クリニックに向いている医師とは?


地域密着型病院であれば、患者とのコミュニケーションは不可欠。
患者とのやりとりがスムーズに行える医師の方が、クリニック勤務に対して適性があります
重病の患者がやって来る事もあるため、しっかりと症状を見極めて大きな病院へ紹介状を書き、転院させる必要があります。

患者の症状から病気を正しく診断出来るだけの実力を持つ医師は、クリニック勤務医に向いていると言えます
それだけの経験や能力、知識が必要なのです。