クリニック勤務にはこんな医師が向いている

クリニック勤務には様々なメリット・デメリットがありますが、勤務する医師がクリニック勤務に適性があるかどうかが転職成功の鍵を握っています。
医師の転職で人気のあるクリニック勤務ですが、一体どのような医師に適性があるのでしょうか?

このページでは、クリニック勤務に向いている医師についてまとめています。

地域密着型の医療に携わりたい方


クリニックは地域密着型の小規模医療施設が多くなっています。
地域住民の健康維持や病気治療がメインとなっているため、地域住民との交流が苦手で地元に貢献する気持ちが少ない医師にとってクリニックは向いていません。
逆に地域医療に尽力したい、地域住民と交流したいと考えている医師にとってはクリニックは向いた職場になります

地域密着型医療施設の医師になると、患者さんと街で出会う事も少なくありません。
そんな時も「○○さん、久しぶりですね。どうですか、調子は?」と気さくに挨拶出来るようでないと、地域住民との交流を図る事が出来ません。
患者の姿を見つけるとコソコソ逃げてしまうようでは、医師としての信頼を勝ち取る事は出来ないでしょう。

同じ科の臨床経験がある


内科のクリニックに勤務するのであれば、出来るだけ他の医療機関で内科の臨床経験が豊富である事が望ましいです。
中にはクリニック勤務を機に転科される先生もいますが、それなりの事情があっての事です。
同じ診療科目の臨床経験が豊富にあればある程採用にも有利になりますし、専門医の称号をもっている、有名病院で働いていたなどの経歴があるのも有利です

より良い条件のクリニックに転職したいのであれば、先生の強みや経歴などを精一杯アピールする事。
「何も言わなくても分かってくれるだろう」と思っていては、いつまで経っても転職できません。

ヒューマンスキルがある


クリニック勤務の医師に不可欠なのがヒューマンスキル
早い話しがコミュニケーション能力です
クリニックには若い方はもちろん高齢の患者も多く来院します。
高齢者ともスムーズに意思疎通ができ、感情的な患者に対して冷静に対応するなど、患者との付き合い方が大切なのがクリニックです

最近はモンスター患者と呼ばれる我が儘な患者も増えました。
感情的な患者に感情で返すとトラブルがさらに大きくなります。
冷静に落ち着いて対処出来る医師が求められています。

コミュニケーション能力の他にも、思いやりや優しい気持ちのある穏やかな医師がクリニック勤務に向いています
クリニックの場合、医師の人柄に惹かれて患者がやって来る「人気商売」の面があるからです。

開業をめざす医師はクリニック勤務を経験しておきたい

「将来は一国一城の主になりたい」開業医を目指す医師なら、一度はクリニック勤務を経験しておきたい所です。
雇われ医師ではなく責任者や院長代理のような立場で働くと、経営の厳しさや運営ノウハウを蓄積出来ます。

このページでは開業を目指す医師にとって、クリニック勤務が役に立つ事をまとめています。
これから独立したい先生は是非参考にしてください。

開業医は楽ではない


毎年多くのクリニックが日本全国に誕生していますが、華々しく開業する一方で閉院していくクリニックも少なくありません。
医師が高齢化した上にクリニックの引継ぎが出来ず運営が続けられなくなるケースもありますが、中には資金繰りが悪化して閉院に追い込まれる場合もあります。

病院を運営すればどんな医師でも利益を上げられる、お金持ちになれると思ったら間違いです。
将来独立を考えている医師なら尚更、開業医の実態を知る意味でもクリニック勤務を経験しておくべきでしょう

実際にクリニックで働いてみると、

  • 「看護師や事務員とのコミュニケーションが意外と難しい」
  • 「自分自身の体調管理が出来ていないと患者に迷惑をかける」
  • 「患者の数が少ないと売上げが落ち込む」

など働いて見ないと分からない事が多くあります。
とくに雇われ医師では分からなかった事も、院長代理やクリニック運営責任者として就任すると分かる事も多々あります。

厳しい現実を知るためにも、独立を目指す医師はクリニックでの勤務を経験しておくべきです。
医師の転職ではクリニックの責任者として働ける求人もありますので、転職支援サイトで紹介してもらうのが一番良い方法となります。

運営ノウハウを知る


クリニックを運営していく上で絶対に外せないのがクリニックスタッフとの連携です。
クリニックは医師が一人で運営出来るものではないため、看護師や事務職員との関係はとても重要です。

特定の看護師だけを大事にしていると他のスタッフから不満が出ますし、スタッフに対して頭ごなしに怒鳴る、感情的に振る舞うと信頼を損ねてしまいます。
クリニックの医師は温和で人当たりが良く、人気のある先生が望ましいのですが、それは患者だけではなく一緒に働くスタッフにとっても同じ。

少しでもクリニックスタッフに気持ちよく仕事をしてもらうためには一体どんな気遣いや気配りが必要なのかを学ぶ、そのためにもクリニック勤務は不可欠です

患者を大事にする


勤務医であれば、毎月決まった給与が口座に振り込まれるため「努力してもしなくても、結果は同じ」と考えがちです。
ところがクリニックの責任者として勤務すると、どうしてもクリニックの円満経営を頭に入れて仕事をしなければなりません。

クリニックの責任者ともなれば患者数の増減が気になります。
医師としてしっかり診察・治療を行うのは当然として、患者への優しい言葉掛けや笑顔、ネガティブな事を言わないなど患者を大事にする姿勢を見せないと信頼関係を構築する事は出来ません

クリニックは地元密着型なので、医師の評判はあっという間に広まります。
患者の評判は重要なので、出来るだけ穏やかに接する事が大切です。

クリニック勤務を目指す医師が知っておきたいデメリット

高収入でオンとオフのメリハリが効きさらに夜勤が無い(夜勤が少ない)クリニック勤務は、メリットが多い勤務先のように感じられます。
ところが物事はメリットだけではありません。

クリニック勤務にも当然デメリットが存在します。
クリニックのどこに不利な点があるのでしょうか?

医療技術のスキルの向上が難しい


クリニックは医療機器の数や規模に限りがあり、最新の医療機器に触れる機会がとても少ないです。
最新の医療機器を駆使して最先端の治療や検査を行いたい医師にとって、クリニックは不向きと言えます

クリニックでは重病の患者を診察、治療する事も殆どないため、毎日同じような診察を繰り返す傾向にあります。
それが「安定していて良い」と思える医師にとってクリニックは働きやすい職場となりますが、逆に「刺激が少ない」「もっと高度な医療技術を修得したい」と考える医師にとっては物足りない環境になる可能性大。

どんどん知識を吸収し、最先端の医療サービスを提供したい医師は大病院や基幹病院に転職して積極的に腕を磨く方が良いです
クリニックは大病院で磨いた腕を活かすための場だと考えた方が無難かもしれません。

医師の転職ではクリニック勤務を希望される方が増えていますが、ある程度の実績や経験を積んだ医師の方がスムーズに仕事が出来ます。

職員数が小規模で雑用が多い


クリニックは医療施設としては規模が小さく職員数が少ないのが特徴です。
そのため一人のスタッフにかかる仕事が多く、多くの業務を行わなければなりません
看護師がトイレ掃除や電話受付などを行うクリニックもあります。

スタッフの数が少ない時は、医師が穴を埋める必要があります。
看護師が欠勤すると、注射や点滴、カルテ管理など看護師が行う業務が全て医師に回ってきます。
場合によっては電話応対まで対応しなければならない事も。

「この私に雑用をさせるのか!」と怒り心頭になってしまう医師ではクリニック勤務は出来ません。

「多少の雑用が回って来ても仕方がない…」
そう思い割り切れる医師でないとクリニックでは働けないでしょう。

院長の方針により運営方針が変わる


クリニック勤務医はあくまでも勤務医。
院長の方針には逆らえません。
クリニックの売上げが少ないと勤務医の責任にされる事もありますし、診察の方法や診療時間などが変わったり往診に出るようになったりと印象の方針に振り回される可能性はあります。

勤務先がクリニックというだけで勤務医である事は事実ですので、院長の方針に従えない、院長と考え方が合わない場合は最初からそのクリニックに転職しないのが無難
「そうは言っても院長の運営方針など分からない」と言う方は、医師専門の転職支援サイトへ。

各クリニックの特徴や運営方針、医師の離職率などのデータがありますので、ブラッククリニックを避けて転職出来るメリットがあります。

クリニック勤務医の収入は?

クリニックに転職を希望する医師が増えていますが、オンオフのメリハリが付く、夜勤が無い、または夜勤が少ない、重篤な患者の診察が少ないなど精神的、肉体的なメリットに惹かれて転職するケースも少なくありません。

ところがそれらの理由以外にも「給与面で有利だから」という理由でクリニック勤務を希望する医師がいるもも事実です。
このページではクリニック勤務医の収入や平均年収などについてまとめています。

クリニック勤務医の平均年収


2015年の調査では、医師(平均年齢約40歳)の医師の平均年収は約1,098万円となっています。
全ての医師がこれだけの収入を得ているわけではなく、性別や年齢、勤務する職場の規模、役職などによっても収入は大きく変わる事に。

勤務先の規模別にみると、医療スタッフが10名~99名の小規模な医療施設(クリニックも含め)に勤務する医師がもっとも高い給与を得ており、40~44歳の医師は平均約1,730万円と平均よりも約600万円以上の高い年収を得ている実態があります。

これが大病院や基幹病院勤務の医師になると、同じ年代でも年収が約973万円になってしまうため、小規模な病院に勤務する医師の方が高収入を得ている事が分かります。
クリニックに勤務する医師の方が年収面で有利である可能性が高いのです

診療した数(売上げ)が反映されている事もある


クリニックの場合、一日にどれだけの患者を診察したかで売り上げが決まります。
クリニックの場合、患者にかかる医療費の原価がそれほど高くないため、一人でも多くの患者を集患出来ればそれだけクリニックの収入アップに繋がります

多くの患者を集めるには、医師の人柄や診察・治療の腕前、信頼性なども大きく関わってくるため、患者からの信頼が厚く毎日多くの患者を診察している医師には売り上げ額が反映されてさらに高年収が期待出来るクリニックもあるのです。

美容外科・美容皮膚科はダントツの高年収


クリニックの中でも、特に医師の年収が高い診療科目が美容系です。
腕が良く信頼されている美容外科医、美容皮膚科医になると年収2,000万円〜3,000万円も夢ではありません。

医師の転職先の中でも、特に自由診療で高収入が期待出来る美容系クリニックは人気があります。
高年収を考えるのであれば美容系はかなり有利です
ほかにも高収入になるクリニックに離島やへき地のクリニックがあります。

へき地や離島では勤務医や看護師など医療専門家の数が少ないため、少数精鋭で業務を行う必要がありプレッシャーがあるのも事実です。
けれど医師不足の昨今、かなり高い給与を提示するへき地クリニックもあり、貯蓄目的やスキルアップを目標として転職する医師もいます。

医師がクリニック勤務を選ぶ理由とは

医師の転職先としてクリニックを希望する医師が年々増えています。
大病院や総合病院に勤務する以上の魅力が、クリニックにはあるようですね。

ではなぜクリニック勤務を希望する医師が増えているのでしょうか?
その理由を考えてみたいと思います。

夜勤が無い(または少ない)


クリニックの場合、入院施設が少ない、また無床の施設が多く夜勤の必要性がないケースが多々あります。
医師には宿直や夜の勤務が付きものですが、これは勤務先に入院施設があるから。

クリニックのように無床の施設であれば夜勤の必要がなく、その分体を休める事が出来ます。
夜勤のない環境はとくに子育てと家庭、仕事などをこなす女医などにとっては働きやすい環境と言えます
親御さんの介護をしている医師にとっても有難いもの。

年齢を重ねて体力のなくなってきた高齢の医師が、夜勤のないクリニック勤務を希望するケースも実際にあります
夜勤のない職場を探している医師にとってクリニックは狙い目なのです。

重篤な患者を扱う精神的負担が少ない


クリニックは地域住民のかかりつけ医の役割を負っていますが、人工呼吸器を使用しなければならない程重篤な患者を治療するだけの設備は基本的にありません。
症状の重い患者は、医療設備の整った大病院へ転院してもらうため、クリニックで診察する患者は症状が軽い、または安定している患者ばかりです。

命の危機に瀕した重症患者の治療をしなくても良い、その精神的負担の軽さはクリニック勤務医にとって大きなメリットとなっています。
ただし、その分クリニック医師は患者の病気を正しく診断し、重症患者をすぐに大きな病院へ紹介しなければならない責任を負っています

オンオフのメリハリがつく


夜の勤務が無く(夜勤が少なく)、クリニックの休診日にはお休み出来る環境は、医師にとってとても魅力的です。
オンコール体制がなければ自宅でゆっくり体を休める事が出来ますし、当番医でなければお休みは丸一日オフ。

趣味やイベント、旅行など自分や家族のために時間が使えるのは大きな魅力
ただオンコール体制の場合は急患が出た場合にすぐにクリニックで診察や検査をしなければなりません。
この辺りは面接でしっかり確認しておく方が良いです。

クリニック勤務に転職し、拘束時間が短くなったと言う医師は少なくありません。
転職時に勤務時間をしっかり確認し、土日祝日の出勤に関してもきんと契約出来ていれば無意味に拘束時間が伸びる心配はないのです。

勤務時間や休日の交渉が出来ない、苦手な医師は医師転職支援サイトのコンサルタントに相談するのが一番です。

クリニックと病院の違いはなんだろう?

クリニックと病院の違いとは何なのでしょうか?
まずイメージ出来るのは病院の大きさそのものの違いです。
病院は内科や外科、小児科、眼科、皮膚科など様々な診療科目が集まっており勤務する医師も1人、2人ではありません。

クリニックの場合は単科である事も珍しくありませんし、勤務する医師も1名だけというケースも少なくありません。
スタッフ数も少なく、少数精鋭で運営されているのがクリニックの大きな特徴です
このページではクリニックと病院の違いについてまとめています。

医療法によるクリニックの定義について


病院とクリニックの違いについては、医療法と呼ばれる法律によって厳密に定義されています。
クリニックも病院も同じ医療行為を行う場所である事に変わりありませんが、クリニックは病床数19床以下の病院を指し、病院は20床以上の病床を持つ施設であると定義されているのです。

医療法から、クリニックは病床数19床以下(無床も含む)の医療機関であると定義出来ます。
入院施設が無い、または施設規模も小さい事からクリニックの規模そのものもそれほど大きくありません。
施設規模が小さい事から最新の医療設備を十分備える事が出来ませんが、それでも十分運営できるのは治療の内容にあります。
クリニックは重症患者の治療をするのではなく、地域のかかりつけ医として患者の症状や容体をチェックして正しい診断をつける事に重きが置かれています

クリニックは地元住民のかかりつけ医


クリニックにはレントゲンやCT、MRIなどの医療機器を備えた施設もありますが、中には検査機器が充実していないクリニックもあります。
クリニックは地域住民のかかりつけ医としての役割を負っていますので、ガンなどの重病患者の治療は、主に最新医療機器を備えた総合病院が担っています。

クリニックが負う「かかりつけ医」の役割とは、一人の患者を一人の医師が包括的に診察、治療する事です
患者が糖尿病や高血圧症など複数の疾患を患っていても、一人の医師が診察し治療を行います。
内科でカバー出来る疾患については近所のクリニックに通い診察を受ける方が、遠い総合病院まで通うよりも便利で良いケースも多々あります。

患者の容体が悪化し、クリニックで対応出来なくなった時は紹介状を書いてもらい大きな病院にお世話になる方法が一般的です。
風邪や軽い腹痛など軽微な病気はクリニックで、重い疾患は総合病院で診察・治療するという役割分担が出来ているので、患者の側にもメリットがあるのです

とても多いクリニックの種類


全国に存在するクリニックの数は、コンビニ並みに多いとも言われています。
クリニックは施設規模が小さいため、内科・外科・眼科・皮膚科・小児科・産婦人科・精神科・人工透析科など様々な種類のクリニックが多数あります。

医師の転職先としてクリニックが増えていますが、クリニック数が多い事も関係しています。
今は超高齢社会のため地域住民からのニーズも多く、クリニック勤務は可能性のある分野と言えます

クリニック勤務医の求人・医師募集案件の特徴


医師の主な勤務先に病院がありますが、この病院も「規模の大きな総合病院」「地域密着型のクリニック」の大きく2つの種類に分けられます。
勤務医が仕事をする場所として、ずっと総合病院が選ばれてきましたが、最近はベッド数19床以下の小規模病院であるクリニックが人気を集めています。

医師の転職情報でも、クリニック勤務医の募集・求人案件がかなり増えてきました。
地域密着型で地域住民の健康を守るクリニックが、なぜ今多くの医師から注目されているのでしょうか?
このページではクリニックの仕事内容やそのメリットなどについてまとめています。

クリニック勤務医の仕事内容


クリニックはベッド数19床以下の病院を指します。
19床以下の病床であればクリニックとなりますので、病床が一つもない、つまり入院施設の無い病院もかなり多いです。
ベッドがないクリニックは医師が外来患者の診察だけに専念できるという特徴もあります

中には往診をしているクリニックもありますが、どちらにしても地域住民の健康を守る、病気を治療する側面が強くなります
患者のニーズに合わせて柔軟に対応出来る医師、業務内容を素早く改善出来る医師であれば、地域住民からの信頼も厚くなるでしょう。

クリニック勤務医の主な仕事である外来患者の診察・検査・治療の他にも

  • 紹介状作成
  • セミナー・勉強会への参加
  • 院内研修

などの業務があります。
ですが、基本的に総合病院で行っている業務と大きくかけ離れたものはありません。
地元の方が多いので、顔見知りの患者が増えるのはクリニックの特徴でしょう。

クリニック勤務医のメリット


クリニックは外来患者の対応がメイン。
病棟管理の仕事がないクリニックもあるため、その分業務が少なくなります。
業務にかかる時間が減る事で仕事とプライベートの両立が可能になるのは大きなメリット

子育てや親御さんの介護をしながら仕事をする医師は、外来患者の対応がメインのクリニック勤務の方が総合病院より向いていると言えます。
また職場のスタッフ数も総合病院に比べて格段に少なくなるため、人間関係が楽なのも大きなメリットです

クリニックに向いている医師とは?


地域密着型病院であれば、患者とのコミュニケーションは不可欠。
患者とのやりとりがスムーズに行える医師の方が、クリニック勤務に対して適性があります
重病の患者がやって来る事もあるため、しっかりと症状を見極めて大きな病院へ紹介状を書き、転院させる必要があります。

患者の症状から病気を正しく診断出来るだけの実力を持つ医師は、クリニック勤務医に向いていると言えます
それだけの経験や能力、知識が必要なのです。

  • 1

Copyright © クリニック勤務医の働き方と求人募集案件の特徴=Tech Oops!= 2017 All Rights Reserved.